ハイヤー乗務員は大変なお仕事

ハイヤー乗務員は大変なお仕事

ハイヤー乗務員は大変なお仕事 ハイヤーと言えば、タクシーの高級版というイメージを持っている人も多いでしょう。実際にハイヤーはタクシーよりワンランク上のサービスで、タクシー会社が提供しているタクシーの貸し切り版です。冠婚葬祭や空港などへの移動、お得意様への訪問など時間の遅れが許されない時などに非常に重宝します。ほとんど完全予約制で、タクシーがつかまらないと困るといった心配がある場合にもハイヤーを利用することがおすすめです。貸し切りとなりますので他の乗客が乗ってくることもなく、一日中乗車することもできます。用途は様々あり、一般的な移動手段の他にも、東京見物などの観光、冠婚葬祭などの移動にも使用することが可能です。

一口にハイヤーと言っても種類はたくさんあります。用途に応じて選べるところもたくさんあり、普通のセダンタイプのものからワゴンタイプや、今ではハイブリッド車を使用したものまで存在します。その全ての車種は大体黒塗りで高級感を損ないません。非常にVIPな雰囲気を味わうことができます。

ハイヤーの乗務員はタクシー乗務員より高品質なサービスを提供する必要があるため、タクシーの運転手よりも若干ハードルは高めです。求められる能力も会社によって様々で、バスガイドのように観光に必要な知識が必要なところもあれば、外国人観光客をよく乗せるところでは英会話能力を求められるところもあります。接待もタクシーより上品な対応が求められ、ドアは運転手が降りて開ける、言葉使いにも気をつける、荷物を運ぶなど、普通のタクシー乗務員よりやることや覚えることがたくさんあります。まるでホテルマンのような対応が求められる厳しい会社もあります。

実はハイヤーの運転手はなるのが非常に難しく、合格率は受験者全体の2割から3割ほどと言われています。非常に狭き門をくぐり抜けてきた人たちです。ある程度タクシー乗務の経験を付けた後に、書類選考から始まり、その後面談や実技試験を受け、研修を終えた後、ようやく採用となります。その後も安心することはできず、その上にプラスして英会話や接待などのオリジナルの能力が求められます。だからこそやりがいがあり、非常に誇れる仕事となっています。

またハイヤーはその職業柄、官公庁の職員や要人の送迎、大手会社の社長さんやVIPの方、芸能人など特別な人を乗せることも多いため、守秘義務教育が徹底されています。万が一秘密を漏らすようなことはあってはなりません。口が滑ってしまった程度の軽い気持ちで、もし秘密が漏れてしまうようなことがあったら、会社の信用がガタ落ちになるだけでなく、訴訟問題にまで発展しかねません。そのためハイヤーの運転手は運転技術だけでなく、秘密を守る、コンプライアンスを守るという、その人の人間性から高めていくことが求められます。

そして、タクシー乗務員とハイヤー乗務員の見えない部分のもう一つの大きな違いに、事故防止の教育が徹底されている、ということがあります。タクシー運転手も当然と言えば当然なのですが、ハイヤー乗務員は、前述の仕事の重要性から、万が一にも事故を起こすことは許されません。社内で行われる厳しい健康管理基準で、常に定期的に健康診断が実施されており、運転中に影響を及ぼすような意識障害や、心臓、血圧などの病気は未然に防ぐように徹底管理されています。そのため普通の職業以上に日頃の生活態度から気を付ける必要があります。

ハイヤー乗務員の健康管理は事故防止の基本になっており、ハイヤーの乗務員の事故防止の教育は徹底していると言えます。仕事はもちろん、人間的にも、健康的にも、できた人でなければならない、重要な職業です。

最新のお知らせ

  • [2018年11月26日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年11月26日]
    運営者情報を追加しました。