目が乾燥してしまうと

カラコンは、角膜にしっかりくっついているという訳ではなくて、実際には、涙の上にのっている状態なのです。目がカラコンを吸着させているのではなくて、涙によって、目に吸着させてもらっていると考えてください。しかし、目が乾燥してしまうとどのようなことになってしまうのでしょうか。この吸着力が不足してしまうから、コンタクトレンズが目の中で、ズレやすくなってしまうことになります。

しかし、もっと最悪な事態になれば、カラコン自体が乾燥してしまって、コンタクトレンズが変形してしまうということもありますので、注意をしなければなりません。そのようなコンタクトレンズを使用すれば、すぐに角膜を傷付けてしまうことになります。そこで、カラコンを使用している人たちに利用して欲しいアイテムが、コンタクトレンズ装着液ということになります。意外と、コンタクトレンズ装着液は、頼れる、目の安全をしっかり守ってくれるベストパートナーです。

カラコンを装着するときなど、コンタクトレンズに数滴たらしてみましょう。そして、カラコンをつけるだけなので、全然面倒くさいという感じでもありません。ヒアルロン酸などのうるおい成分があって、コンタクトレンズの乾燥から守ってくれているのです。