ハイヤーの安全性

その利便性が大いに注目されるようになってきているハイヤーの安全性はどのように考えればいいのでしょうか?車には事故防止を考えてドライブレコーダーが設置されています。ドライブレコーダーの情報をもとにヒヤリ・ハットの観点から危険情報を検討して、安全に関するチームとドライブのプランナーがお互いに安全に関する情報を共有することを行い、安全運転に対する考え方を相乗的に高めることをしています。

また、車にはテレマティクス車輌動態管理デバイス「GEOTAB」も設置されていますので、運転技術の品質アップに大きな役割を担うようになってきています。いくら自分では注意していても事故に巻き込まれてしまう可能性も考えて、ハイヤーには様々な運転支援システム(「衝突被害軽減自動ブレーキ」「リヤビークルモニタリングシステム」「車線逸脱防止装置」「アダプティブ・クルーズ・コントロール」などの最新の設備)が設置されています。

自動車に関する交通事故は様々な原因で起こってしまうものですので、全ての要因に対して十分な配慮をおこない、出来る限り自動車事故に巻き込まれないようにする努力を常に行っています。ドライバーさん自身の研修も常におこなって、運転レベルのアップと安全に対する意識を向上させる取り組みが行われています。

ドライバーさんの研修においては、安全面に関するものだけでなく、それに加えてお客様へのサービス内容のアップも行われています。礼儀正しいマナーを身に付けたドライバーさんからサービスを受けることが出来れば大きな快適と満足を得ることが出来るようになります。ハイヤーサービスを運営している会社では、常にお客様の快適さを考えて様々な方面からの研修が行われています。

新しい時代への対応も同時に行われています。外国の方が非常に多く日本にやってくる時代になって来ていますので、外国人の方への礼儀正しいサービスをするための訓練が常にドライバーさんに行われています。いろいろな種類の言葉を覚えることに加えて、外国の様々な生活習慣についても理解させることが行われています。例えば、なかなか難しいと言われているハラールの方への対応も問題なく行うことが出来るようになっています。

ハイヤーの予約はネットを通じて比較的簡単に行うことが出来るようになっていますので、今後は日本人の方に加えて外国の方も頻繁にそのサービスを使うようになるのではないと考えられています。